上野樹里◆PHOTO BOOK 「A PIACERE」

上野樹里◆PHOTO BOOK 「A PIACERE」



もっとグラビアアイドル情報



uenojyuri.jpg
上野樹里(うえのじゅり)
●プロフィール
女優
1986年5月25日生まれ
兵庫県加古川市出身
身長167cm
血液型はA型
アミューズ所属(以前は、ウィルコーポレーション所属)。
日出高等学校卒業。
2001年、「クレアラシル」のCMでデビュー。
2004年、『スウィングガールズ』で映画初主演。
2006年、『のだめカンタービレ』(フジテレビ)連ドラ初主演。

上野樹里(うえのじゅり)詳細情報





上野樹里PHOTO BOOK 「A PIACERE」/上野樹里
上野樹里PHOTO BOOK 「A PIACERE」
渋谷 健太郎
おすすめ度 ★★★★★


★★★★★素の表情☆
スウィングガールズの時から気になってはいましたが、そこまで注目してませんでした。

しかし、のだめカンタービレにどっぷりハマってしまい、樹里ちゃんが好きになったので買いました。

全ページ見て一番に思った事は“自然な表情”だなって事です。

ありのままの上野樹里の表情をあらわしていたと思いました。





★★★★★買って良かった。
女なんで今まで同性の写真集に興味が無かった。ただこの人に関してはどうしても知りたくて買った。色んな場所でその時の映画やドラマの髪型の名残を残しながら撮影されている。沖縄の場合は「僕たちの戦争」の時で物語の鍵になるミサンガをつけたまま写る。彼女は陸上の短距離の選手だったらしいので、1番美しいのは動いている時。カメラマンの渋谷さんは上手く写真に封じ込めていて良かった。個人的には私の生まれた小平で撮影されたのにただ感激。この人は年下なのに何故か私の母と同じ匂いのする人に見えたので、叶うかどうか分からぬがそんな役を提供したいと思った。

★★★★★なごみます
ナチュラルでリラックスした樹里さんと、写真家の持つ柔らかで優しいトーンが

マッチして、雰囲気のある1冊に仕上がっています。

樹里さんらしい天真爛漫な笑顔、少し物憂げな顔、多彩な表情がうまく引き出されていて、

改めて表現力豊かな女優さんなんだと気づかされます。

1年半かけて撮影されたそうで、その時々に演じた役柄や、徐々に大人びていく様子も

伝わってきて面白い。

エロは皆無なので、水着姿が見たい方は「JURI-first」を購入された方が

いいと思います。

前作のグラビア写真集の樹里さんはなんだか痛々しくて、という方、

素顔の樹里さんが見たいという方にはこちらがお勧めです。

かなりなごみます。

★★★★★ア・ピアチェーレ
と読む。意味は(自由に、気ままに)。

誰もが待っていた「素顔」の上野樹里。水着とかはなく、普段着や女の子らしい服装で統一されていた。

個人的には良作だと思う。

あえて可愛さを作らない、それでも男女問わず好感が持てる女性、それが上野樹里。彼女を一人の「女性」として尊重し、一年半の年月をかけて撮り続けたカメラマン・渋谷氏に拍手を贈りたい。

同い年である私としては、「演じる」彼女と「素」の彼女、どちらも魅力的だと思っている。

仕事と私生活の狭間でアイデンティティに悩む年頃。

この写真集のような笑顔を、「自由な」上野樹里を、どうか絶やさないでいてほしい。

>>もっと詳しく見る




お気に召したら応援してね⇒アイドルranking!(^_-)-☆
アイドルサイト情報はこちら!(^_-)-☆
タグ:上野樹里

上野樹里◆幸福のスイッチ

上野樹里◆幸福のスイッチ



もっとグラビアアイドル情報



uenojyuri.jpg
上野樹里(うえのじゅり)
●プロフィール
女優
1986年5月25日生まれ
兵庫県加古川市出身
身長167cm
血液型はA型
アミューズ所属(以前は、ウィルコーポレーション所属)。
日出高等学校卒業。
2001年、「クレアラシル」のCMでデビュー。
2004年、『スウィングガールズ』で映画初主演。
2006年、『のだめカンタービレ』(フジテレビ)連ドラ初主演。

上野樹里(うえのじゅり)詳細情報





幸福のスイッチ/上野樹里

幸福のスイッチ
上野樹里
おすすめ度 ★★★★★


★★★☆☆両親が苦手、と感じている人に。
和歌山県の田舎で個人経営の電気屋さんをしている家族のお話。



割とスローテンポに話が展開するので、もう少し短くてもいいかなーとも思ったけど、この作品はこのくらいのんびりな感じが似合う気がする。こういうほんわかした映画大好き。レンタル部して観るのもいいけど、ピンと来た人はスクリーンで。



上野樹里の役柄が何年か前の自分とダブって見えました。親子関係とか。親元を離れて生活している人で、お父さんかお母さんが嫌いなわけじゃないけど、どうも苦手だっていう人は、うっかり観てみるといいかもしれない(余計なお世話かもしれない)。

★★★★★民主主義は不断の努力にやって成り立つ
新自由主義の影響で何かと生きにくくなっている世の中。だから現実逃避もなにやら悔しい。

上野樹里がこれほど上手いとは思わなかった。今までも彼女の芝居には感心したが、この作品の彼女は今までの中ではベストではないか。



地方にも量販店、安けりゃいいさの思想が押し寄せ、その代償として客が安く扱われる代償を支払う破目になった今、一軒一軒のサービスで対応する田舎の店。ヒロインはそこで仕事というものが人様あってのものであるという人生のオン・ザ・ジョブ・トレーニングを受ける。



しかし観ているうちに事はそこで終わらない事に気づく。人間なんて誰もが同じでなんぞなく、それぞれの人生があり、苦悩がある。それを受け止めてゆく事こそが画一化への戦いではないかと。そういう意味ではヒロインの父の日々の行動は本当の意味での「民主主義を守る」戦いであり、グローバリズムへの痛烈な批判である。客を受けとめる時間などないかのようなビジネスが本当のビジネスか。そうではないだろうと。



そういう意味では「民主主義は国民の不断の努力によってなりたつ」さまを映画にしたと言っていい。凄い作品だ。

★★★★★優しい小さな発見が楽しい映画です^^
泣きじゃくる小さな手を握って母親がイナデンを訪れる

少女が持ち込んだ今は動かない箱

怜がオルゴールの裏フタをそっとあける

少し微笑んで安堵した様子



「はい、動きました」



電池が逆になっていただけ

ただそれだけでオルゴールは止まっていた

怜がそっとスイッチを入れる

命を吹き込まれたオルゴールが楽しそうに廻りながら

笑顔一杯の小さな手に戻っていく



怜を演じる樹里ちゃんのちょと照れた笑顔も

笑顔の戻った少女の無邪気さも

わずか数分のシーンだけどとっても好きです。



言葉で伝えるのではなく、

日常にある些細な風景を映し出すことで

心情に訴えかけるメッセージを届けてくれる

そんな優しい暖かい映画でした。



ちょとしたすれ違いで切れてしまった灯り

当たり前の様にいつもそこにある身近な愛情だから

なかなか気がつかないのかも知れません。



大好きだった母親への思いが、父親と三人の娘を

今も強く結びつけているのがわかります。

家族の中に今も残るその温もりが複雑な感情に

なって瞳や怜や香からあふれていきます。



母親に苦労をさせた自分勝手な父への怒り

もてないはず父さんの浮気への動揺

父さんをずっと大好きだった母の気持ち



感情の掛け違い、+とーのすれ違い

家族の絆も愛情も そんな簡単なことで

壊れたり 動いたり つながったり



どんなにもつれて こんがらがった気持ちも

+とーが入れ違ってるそれだけなのかなと

この映画を観てるうちに感じました。



 「パチっ」



幸せのスイッチの入る音が聞こえてきます。







★★★★☆極上のホームドラマ
いってみればアットホームで爽やか系のホームドラマです。ガンコ親父と三人姉妹の家族の絆を描く。アフターサービスを売りにする町の電器屋さんという舞台設定もいい。ジュリーvs樹里というダジャレのような反目する親子の図式から、親子の理解、ワガママな主人公が父親や家族、地域の人々との交流を通して、自分と社会との関わりについて学びちょっぴり成長するというテーマも悪くない。さらに、田舎ならではの交流も心あたたまるし、田舎町の醸し出すゆったり感、人情味も。



予定調和のストーリー展開というのも、ある意味安心して観ることができますね。大きな事件も起こらず淡々とした話の流れからか、途中ダレるのが気になりますが、補聴器により聞こえなかった鳥の声や風の音(畑を耕すおじさんのクシャミはよかった。)のエピソードなど、ほのぼのと静かに感動できます。



企画から10年、脚本に3年かかった本作が映画監督デビューの安田真奈の苦労が秀作として実を結んだ形ですね。本当の関西弁へのこだわりもいい。

自己中で不機嫌キャラも決して嫌な女にならい上野樹里独特の存在感、「紙屋悦子の青春」で優しさのなかにも凛としたものを醸し出す演技力を証明した本上まなみ、しょぼくれた中年オヤジながら、1本筋の通った男気と過去においてはモテモテぶりを納得させる沢田研二。天真爛漫なキャラそのもののグラビアアイドル中村静香。彼らをキャスティングした監督の眼力は本物だと思います。

★★★★★こころがほっこりする、じーんと涙が出てきてしまう作品なんです


いきなり主人公の玲(上野樹里さん)が電球を投げつけるところから始まる。玲は3姉妹の真ん中で、ちょっとした反抗期のようにとげとげして人にあたってばかり。そんな玲を自分と重ね合わせながら映画を見ました。他責にしてはいけないとは言われてもなかなか割り切ることができない心の微妙な葛藤が玲を通して描かれていて、少しずつ大人になっていく玲を通じて自分の日ごろの行動をふりかえってみたり。

監督、出演者が関西出身者でかためられているからか、映画のあちこちにさりげない笑いがちりばめられています。劇場で見たとき、何回もあちこちからくすくすって聞こえてきました。そうかと思えばいつのまにか涙してしまったりも。

見終えた後には、どこかほんわかするなにかを感じました。

後から思うと・・・大きな起伏はないけど日常のささいな出来事がつみかさねて作られた映画だからこそ、共感できることが多かったんだと思います。

ベベチオさんの主題歌も透き通っていて映画によくあっていました。





>>もっと詳しく見る




お気に召したら応援してね⇒アイドルranking!(^_-)-☆
アイドルサイト情報はこちら!(^_-)-☆
タグ:上野樹里

上野樹里◆のだめカンタービレ

上野樹里◆のだめカンタービレ


もっとグラビアアイドル情報


uenojyuri.jpg
上野樹里(うえのじゅり)
●プロフィール
女優
1986年5月25日生まれ
兵庫県加古川市出身
身長167cm
血液型はA型
アミューズ所属(以前は、ウィルコーポレーション所属)。
日出高等学校卒業。
2001年、「クレアラシル」のCMでデビュー。
2004年、『スウィングガールズ』で映画初主演。
2006年、『のだめカンタービレ』(フジテレビ)連ドラ初主演。

上野樹里(うえのじゅり)詳細情報





のだめカンタービレ/上野樹里

のだめカンタービレ DVD-BOX (6枚組)
上野樹里
おすすめ度 ★★★★★


強烈なキャラクターの音大生たちがクラシック音楽に真摯(しんし)に向き合う姿をギャグ満載に描いたそのギャップ感が意表を突く、音楽ドラマの快作。音楽一家に育った千秋真一(玉木宏)は桜ヶ丘音楽大学のピアノ科に在籍しながらも、密かに指揮者を目指している。しかし、子どもの頃のトラウマから飛行機にも船にも乗れないため、ヨーロッパに留学して音楽を学ぶ道は閉ざされている。絶望にさいなまれるままに泥酔してしまった千秋はその翌日、気まぐれに歌うようなピアノの音色に惚れ惚れと目覚めるが、意識が鮮明になってくるとそこはゴミ溜めと化した同じくピアノ科の後輩・野田恵、通称のだめ(上野樹里)の部屋だった。

それぞれに個性の強い演奏者たちが一堂に会するのがクラシックのオーケストラ。そんな誇り高き面々と独裁者たる指揮者がぶつかり合う場ゆえに、オーケストラのリハーサルはめっぽうおもしろい。当然、世界的巨匠・フランツ・シュトレーゼマン(竹中直人)が選りすぐりの風変わりな学生たちを選抜して組織したSオケを、千秋が指揮することになる展開がおもしろくないはずがないのである。

実写の強みをフルに生かしたクラシック音楽の魅力は全編に散りばめられており、コミック的な映像処理をほどこしたドタバタやベタギャグがどれだけ連打されようとも、音楽はすばらしいという世界観が揺らぐことがないのは頼もしい限り。ドラマ中のBGMが基本的にクラシックのみという徹底ぶりも潔い。とりわけ、テーマ曲としてベートーヴェンの交響曲第7番をピックアップしているところが、まさにこの作品のスタンスを物語っている。つまり標題のある「運命」や「第九」といった有名曲に比肩する名曲をドラマの中心に据えているのだから、クラシックになじみのない視聴者へのフレッシュなインパクトはいっそう強いはずだ。この物語が非クラシックファンへのクラシックの訴求を任としているとすれば、これほどに真っ当な選択肢はないのである。

コンスタントに奇声を発するその日常ともども、エキセントリックなまでにピアノに熱狂するその弾き姿が天才肌のそれっぽくて説得力満点なのだめ役の上野樹里と、ひやっとするほどにクールな千秋役の玉木宏とのバランスも絶妙。クラシック音楽とコミカルな笑いとを融合させた大変貴重なドラマである。なお、第1話には千秋の音楽の恩師・指揮者のセヴァスチャーノ・ヴィエラ役で、人気指揮者のズデニェク・マーツァルが登場する。(麻生結一)

★★★★★漫画をどこまで実写で表現できるか・・・
正直、ドラマ化が決定した時は、「改悪ドラマになるのでは・・・」と不安がよぎりました。

何故かと言うと、この作品の面白さを実写で表現するのは、相当な手間が掛かるのではないかと思ったからです。

それは、のだめの核である音楽であったり、登場人物、コメディであったり色々な面でどうなってしまうのかなと・・・。

まあ、私の場合キャスティング(個人的にのだめと千秋が原作そっくり!)とクラシックが主題歌になるという時点でそれだけでいいやとか思ってましたが、予想以上の出来で毎週楽しみになりました。(笑)

実際、セミナーに行ってきた人の話だと、相当試行錯誤して作っていたのだろうというのが伺えます。



1話で千秋が楽譜を投げるシーンはかなり思い切ってやってましたが

意外に原作未読の人にも受け入れられていました。

コメディが差ほど寒くならなかったのは、監督の実力の賜物と言うべきでしょうか・・・。

演奏シーンも実写ならではの迫力で頑張っていました。

キャストも結構考えて選んでくれたかなと思いますね。



でも、原作に忠実にするだけではなく、ドラマならではの面白さも確立されていました。

ドラマなりに改変した部分は多少はありましたが、原作者と前もって話し合った様だし原作を無視しているわけでは決してなかったと思います。



原作を大切にしつつ、ドラマとしての華やかさがあった作品でした。

今のドラマ界は原作漫画のドラマで溢れていますが、原作の面白さをドラマで生かせると思うならドラマ化するべきでしょう。

単にネタがないから原作漫画を頻繁に使おうとするのが今の現状なんでしょうけどね・・・。

★★★★★マンガ実写化としては最高☆
ここまでマンガを忠実に再現してくれると、嬉しいですね(^∇^*)セリフの一字一句同じ!キャラもほぼそっくり!(竹中さんは…まぁ有りかな)
玉木さんもあんなにカッコいい(というかキレイ)のに、ばんばん白目むいちゃってくれて…さすがです! 樹里ちゃんも似てます。で、みんな「のだめ」そっくりだ!と驚いてましたが…私は演技してる時より、素の時の方がのだめっぽいと思いますΣ( ̄□ ̄;||

とにかく、激しいギャグで笑うも良し、千秋・のだめの関係に注目するも良し、クラッシックの迫力に聞き入るも良し!
見所満載のオススメドラマです♪♪

★★★★★ちょっと違う視点で見ると面白い!?
このドラマは、「クラシック音楽」という閉鎖的で

成功もほんの一握りしかいない世界を面白く作っている

いい作品・・・。そんなことは分っている?

では、違う視点でということで。



このドラマの巧さは、役者の人物関係にある。

実は役者同士、顔見知りが多い。多分「初めまして」というより、

「やぁ!」「久しぶり!」という声が多かったに違いない。

例えば玉木宏、竹中直人は、映画「ウォーター・ボーイズ」、

瑛太(龍太郎役)、小出恵介(真澄役)は、

ドラマ「WATER BOYS 2005」の共演者。

瑛太(龍太郎役)、水川あさみ(清良役)、上野樹里(※続編のみ)

は、ドラマ「さよなら、小津先生」の共演者。

玉木宏、上原美佐(冴子役)、小出恵介(真澄役)は、

映画「ただ、君を愛している」の共演者。

上野樹里、竹中直人、白石美帆(ハリセン先生の奥さん役)は、

映画「スウィングガールズ」の共演者。

しかし、なぜか玉木宏−上野樹里、玉木宏−瑛太との共演は

「のだめ」が初めて!



単なる偶然?ドラマでは原作と違い、佐久桜がR☆Sオケに参加

している。実は、佐久桜役のサエコと真澄役の小出恵介は、

ドラマ「おいしいプロポーズ」で共演以来付き合っていると、

既に報道されていた。



本当に偶然かもしれない。しかし玉木宏−上野樹里、

及川光博(佐久間学役)−などいくつかの関係は、

できるだけ避けて「新鮮味」を出している一方で、

既に顔見知りの関係を敢えて重用しているのでは?と思った。

総じて、音楽というジャンルが、才能だけではない、

様々な人間関係で成り立っていることを意識した配役になっており、

実際、ドラマの中で十分生かされていると思う。



それゆえ、このドラマは名作だと思う。

確かに、細かいミスはあるだろう、音楽も???と不満に

感じる人もいるかも?しかし、ただひたすら、このドラマの流れに

浸ってみるのもいいと思う。

★★★★☆純粋に楽しめるドラマ
最近流行の漫画原作のドラマ化ですが、非常に楽しく視聴できたなというシリーズでした。

ドラマを見て興味を持って、漫画も読んでみたクチですが、

漫画の雰囲気やテンポなど、イメージを上手い具合に取り入れていて、

評価の目が厳しくなりがちな原作ファンでも、普通に楽しめる仕上がりではないでしょうか。

ところどころで大げさな演出もありますが、純粋にクラシックに興味を抱かせる面があり、

ドラマや漫画、一連の「のだめ」シリーズに影響されて、

実際のクラシックコンサートなどに足を運ぶ人が増えているなどという話も頷けます。

個人的には、もっと音楽の部分に時間を割いて欲しいところですが、

ドラマという演出上、音楽シーンを延々と、というわけにもいかないでしょうから、

その辺りはm仕方のないところでしょうか。

★★★★★奇跡のバランス
原作も、制作サイドも、俳優さん達も、全てが奇跡の様にバランスが取れ、ピースが綺麗に嵌まって出来たドラマです。

どれひとつ欠けていても、この様な作品は出来なかった事でしょう。

ドラマのストーリーと俳優さん達の成長が、リンクして見えたのも感動的でした。

「音楽と正面から向き合わないと、心から音楽を楽しめない」

音楽以外でも、あらゆる事柄に当てはまる、すばらしい言葉です。

>>もっと詳しく見る




お気に召したら応援してね⇒アイドルranking!(^_-)-☆
アイドルサイト情報はこちら!(^_-)-☆

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。